親子で遊べるアプリとは?最新アプリ情報サイト

- 幼児向けアプリで親子で遊ぼう

更新情報

幼児向けアプリで親子で遊ぼう

いわゆる幼児向けの知育玩具の定番と言ったら「ひらがなの積み木」でしょうか。
ままごとセットやブロックなども、子供の想像力や創造性を刺激します。
こうした「物体」に触れる事は子供の発育に非常に重要であると考えられていますが、場所もとるしそれなりに費用もかかり、管理が大変です。
これら知育玩具に追加してアプリでも遊ぶようにしているという家庭が増えているようです。
アプリを利用すると遊びのバリエーションが一気に増えますし、いつでもどこでも子供と遊ぶ事ができますね。

幼児期の子供は、遊びを通して色々な事を学習していきます。
身体の動かし方や言葉の発し方に始まり歯磨きや着替えなど生活で必要な行動、ひらがなや数字などの勉強についてもそうです。
これらは親と一緒にいろいろなことをする過程で少しずつ身につけていくものですが、具体的にどうやって覚えさせるのか、悩んでいるという親もいるようです。
児童向けアプリにはそれぞれ遊びだけでなく目的があり、親子で遊ぶ事によっていろいろな学習効果が期待できます。
まずは下記のアプリレビューをご覧くださいませ。

親自身が先生となって歯磨きや着替え、ひらがなの書き方や読み方など教えていくのが従来の親子の姿です。
結果的に何を覚えているかだけでなく、覚えたり練習したりする事によって何か新しい事ができたり、またそれによって親に褒められたり、と言う経験を積むというのも子供の教育には大変重要です。
しかしながら必要性を理解させたり意識づけたりするのには、なかなか苦労しますね。
児童向けアプリはそのサポートになるので、有り難い存在になります。

小学校に上がるまでに、子供は何を覚えておくべきか、というのは親ごとに色々基準があるものですが、早い子だと身支度はもちろん、時計が読めたりひらがなカタカナが読み書きできたり、簡単な計算ができたりします。
幼稚園の時点である程度の勉強をしておかないと、小学校入学の時点で学力に格差ができてしまいます。
こうしたことは幼稚園だけでなく親も教えるものですが、アプリの利用によってそれがやりやすくなります。

もちろん幼児期の子供に自分のスマホを任せるわけにはいきませんから、子供がアプリで遊ぶときには必ず親と一緒になりますよね。
親子でがっつり遊ぶということになります。
親子の絆を形成させたり感情の豊かな子供に育てたりというためには親との関わりが重要ですが、子供の遊びに親が強制的に参加するというのはアプリの別の利点になるでしょう。